2018年9月21日 (金)

中村達也@MACANA

先日ドラマーの友達と、ドラマーの中村達也さんのライブに行って来ました。


3a2cee16ea8e4d0ba33c53805253754e

ブランキー時代は、欠かさずライブに行っていたけれど、
今回観るのは10年以上振り。
遠藤ミチロウさんとのユニットの時以来かな。
その時はなんと、打ち上げに誘っていただき、
一緒に呑みに行ったのです♪(と自慢してみる。)
私が、オリジナルを作り始めるきっかけをくれた方でもあります。

会場に着いてびっくり。
ドラムセットが客席に置いてあって、
その周りを取り囲んで観るスタイルだったのです。
しかも、ホント至近距離で‼︎
友達と、顔が見たいから前で観ようか、
いやでも、後ろから叩いているところを観れるなんて、
滅多にないよね‼︎という事で、
斜め後ろ位の角度から観る事に。
こんな感じ↓


884c54edfb2342cb8d100c3210d213d2

客席には、老若男女、子供から年配の方までいました。
達也さんのファンて、幅広いんだな。
ドラムだけのライブなんて、どんな感じなんだろう、
どこから現れるんだろうなどと考えていたら、
革のツナギを着た達也さんが、客席を通って登場‼︎
スティックを取り出すと、それから1時間、
色々な多彩なリズムを、ぶっ通しで叩き続けました。
静かな音の時には、本当に繊細で、
激しく叩きまくる時には、ただただ圧倒され、
ドラムだけで、こんなライブが出来る人がいるんだ…と、
衝撃的でした。
勿論それまでも、達也さんのドラムは、
カッコ良くて魅力的で大好きでしたけど、
こんな形のライブを観たのは初めてでしたから。

「10分か15分位休憩して、また戻ってきまぁす。」など、
少しMCがあった後(なんか、すごくお茶目なMCだった。)、
休憩タイム。
友達と話していても、「凄い、凄い」の言葉しか出てきませんでした。

その後、Tシャツとジーンズに着替えて再登場し、
喋りも色々と入りつつ(これがまた面白い)、再び叩き始めました。
「ブランキー、ブランキー、うるせーんだよ‼︎」
と言いつつ、ブランキーコーナーをやってくれたり。
こんな距離からブランキーの曲を叩いているのを観れたの、
すごく感動した〜‼︎
その後も、結構色々と話を挟みながら、
トータルで約2時間演ってくれました。
「もう身体が動かなくなってきた…。」となって終わったけど、
いやいや、あれだけの時間叩き続けるなんて、驚異的です。
今迄に観た事のない、新しい世界を見せられたライブでした。

友達は、「あんなシンプルなセットで、あれだけ色んな事が出来るなんて、凄い。」と驚いていました。
流石、ドラマーの視点。

しかしいつも思うけど、オーラが凄くて、絵になる人だな〜。
それでいて、どこかチャーミングで。
友達と、「夢の様な時間だったね、観に来て良かったね。」
と言いながら、帰路に着いたのでした。
また観たいなー。

2018年9月 9日 (日)

GREEN CHIMNEYS@ジャズフェス

毎度の事ながら、更新ご無沙汰してました!
最近はといいますと、Kioraの他にも密かに
バンド(キリア・ピトゥ)でもスタジオ入りしてました。
またいつかライブが出来るといいな。

さて昨日から始まったジャズフェス、
観に行くつもりは無かったのですが、
出演者の中に気になるバンド名を発見!!
それが今日のタイトルにもなっている、
GREEN CHIMNEYS(グリーンチムニーズ)さんという、
千葉の3人組の方々です。

Kioraが東京時代にライブハウスの下見に行った時、
出演していたバンドの1つだったのですが、
トールくんも私もすっかり撃ち抜かれ、
強烈に脳裏に焼き付いていたのでした。
ブルースをベースにしたオリジナルをやっていて、
狂気やら切なさやら懐かしさやら…。
とにかくうまく言葉に出来ない位のインパクトを感じたというか。
東京で色んなバンドを観ても、
(上手いけど、でもなんか違う。)と思う事が多かったけど、
久しぶりに引き込まれるバンドに出会えた嬉しさというか。

その後、トールくんは彼らのライブ予定を調べて、
船橋のライブハウス迄行ったのだけど、その日の出演は無しで。
マスターに、「今日GREEN CHIMNEYS 出ないよ。
だからチケット半額でいいよ。」
と言われて、そのライブハウスにいてきたなんて事もありました。
(船橋にあった『月』というライブハウスなのですが、
活気があった、すごくいいライブハウスだったみたいですね。
私も行ってみたかったなあと思いました。)

その後、彼らのライブを観る機会は無かったのですが、
仙台に戻って来ても、時々思い出していたのでした。

その彼らの名前を発見したからには、行かねば!!と思い、
急遽出発。
同じ名前の違う人達じゃないといいなあと、若干不安だったけど、
現地でパンフレットを観ると、「活動地域/千葉県」の文字が!!

そして、出て来た〜☆

5bfb2d84c0de4e95b437c347b8dcdbe2


Ef65ac6d434a402e83fe2ca5beb23357

ヴォーカル&ギターの引田さん以外はメンバーが変わっていたけど、
その世界観は健在で、新GREEN CHIMNEYSもグッと引き込まれました。
演奏を聴いて、どんどん人が集まって来たし、
通り過ぎる人達も、「おっ?!」という顔をしている人が多かった様な気がします。
仙台でまた観れるなんて…と、感慨深い気持ちになりました。
演奏後、トールくんと私は勿論GO!!

D8f66721636546bb9352dbf82eb7c761


45a71f1d7bfe4e24a810f37c07222389

色々お話出来て、嬉しかったです。
皆さん、素敵な方々だった~☆
ちゃっかり連絡先も交換しちゃいました♪
引田さんも仰っていたけど、
こういう事があるから、音楽を辞められないんですよね。
おこがましいけど、いつか対バン出来たらいいなあ。
GREEN CHIMNEYSの皆さん、素敵な時間をありがとうございました!!
いただいたCDは、我が家のヘビーローテーション間違い無しだな。

5cea909e98d244b185b7bd6eb244b1aa


2018年3月14日 (水)

昨日はありがとうございました

昨日のenn3rdでのライブ、
平日にも拘らず足を運んで下さり、ありがとうございました!!
色々な方々との交流も出来、楽しかったです♪
そして、都合が合わず来られなかった方々も、
温かいメッセージをありがとうございました。

昨日のセットリストです。

1.小さな願い
2.I’m looking for myself
3.Noisy People
4.祈りの花
5.あの娘(こ)の笑顔

Kioraにとって、1年半振りのライブ。
ennに出演するのは、3年振りでした。
久し振り過ぎて、何だか訳が分からず、
最初はあまりお客さんの顔を見れなかったのですが、
途中から徐々に楽しむ事が出来ました。
今回のライブは、平日という事もあり、
集客の面等でやるかどうか迷ったのですが、
結果的に、知らない方々も含め、沢山の方に観ていただき、
思い切ってやって良かったなあと思いました。

ライブ後は、沢山の嬉しい言葉をいただき、
本当に嬉しかったです!!
それに、こちらがありがとうなのに、
色々な方々にいい表情で「ありがとう!!」と言っていただき…。
それが何より嬉しかった。

今回実感したのは、やっぱり100回の練習より、
1回のライブだなあと。
気付いたり感じたりした事が色々あるので、
また進化していけたらと思います。

沢山の方々と繋がれる音楽は、やっぱりいいなあ。
次回は1年半も空けずに、またやりたいと思います。
本当に、ありがとうございました!!

717d60ca299b4467a63e061999cec003

D8248a1ea62e4bf087961c89cd7dedf0

391f4819d14e4275899ab0f4c589b1a2


2018年3月12日 (月)

ライブ詳細

昨日は、決して忘れてはならない日。
その時間、私は街中におり、友人達と黙祷しました。

明日はいよいよ、久しぶりのライブ。
詳細です。

【アンプラグドナイト vol.178】
・3月13日(火)
・LIVE HOUSE enn 3rd
livehouseenn.com/
・Open 18:00/Start 18:30
・前売 ¥1,000/当日 ¥1,500
(ドリンク代 ¥500別)

*Kioraの出演時間は、8組中4番目の、
20:00〜20:25です。

いい時間を過ごしてもらえる様、
自分達らしいライブが出来ればと思います。

E134b63d6fe448bf9fdf05342e838405


2018年2月24日 (土)

オリンピック

連日、熱戦が繰り広げられているオリンピック。
頑張っている選手達の姿に、毎日心を打たれっぱなしです。
そして今回は、試合後の選手達の振る舞いやインタビュー等に
グッとくる事が多いなあと思います。

今回のオリンピック、私にとっては
いつもより特別なオリンピック。
というのも、なんと友人の甥っ子が出場したのです!!

彼の名前は、カイ・フェルバイくん。
(日本名は、八木開くん。)
スピードスケート500mと1,000mの、オランダ代表です。
昨年の世界スプリント選手権で、世界新記録を叩き出して優勝。
(ちなみに、女子は小平奈緒さん。)
スピードスケート王国オランダの中でも、期待の選手です。

当日は、観戦しながら友人達のLINEが飛び交い、
まるでパブリックビューイングで観ているかの様でした。
こんな感じでオリンピック観戦が出来る事はなかなか無いので、
ハラハラしながらも、楽しかったです。

結果は、500mが9位、1,000mが6位。
特に1,000mは金メダル候補だっただけに、
相当悔しかったと思います。

でも怪我を負いながらも、本当に良く頑張った!!
必死に滑るカイくんを見ていて、涙が出そうになりました。

友人は、終わった後すぐにカイくんに会えた様で、
沢山の写真と共に、カイくんの様子を伝えてくれました。
こういう風にオリンピック観戦が出来て、
私も貴重な経験をさせてもらえました。

まだまだ若いカイくん。
実力は十分にあるので、怪我にだけ気を付けて、
4年後はベストな状態で出場出来ます様に!!
これからも微力ながら、応援していきたいと思います☆


4f2e839fedc4441a9705e31e89c8a9bb

(友人が送ってくれた、試合前の現地の様子です。)

2018年2月 6日 (火)

希望のかなた

今日は映画の話題を。

3週間程経ってしまったのですが、
フィンランドのアキ・カウリスマキ監督の
『希望のかなた』という映画を観てきました。

C7c72ebfa660439698fa98f19973073c

この監督、ずっと気になってはいたものの、
ちゃんと作品を観たのは初めてかも。

主人公は、シリア内戦を逃れヘルシンキに流れ着いた、
難民の青年カーリド。
旅の途中で生き別れた妹を探す為、
ヘルシンキで奮闘する日々が描かれています。

この映画は、難民問題を描いていたり、
映画の説明に、
「不寛容の時代に全力で抵抗するカウリスマキの新たな傑作。」
と書いてあったり、
一見重い内容に感じるかもしれません。

でも決してそんな事はなく、
この監督の作風なのか、どこか飄々とした感じで、
だからこそ、逆に色んな事を考えさせられました。

カーリドはヘルシンキでの暮らしの中で、
排外主義のネオナチによる暴力に脅かされたりして、
観ていて目を背けたくなったり、
怒りを感じるシーンもあったのですが、
そんな中でも、色んな人達の助けや善意に救われていきます。
手を差し伸べる人達は、見るからに善人そうとか
優しそうという訳では決してなく、
むしろみんなひと癖ありそうな、
どちらかといえば無表情な人達。
(この監督の作品の登場人物は、そういうキャラが多いみたいです。)
そんな人達が、
「この人困ってんだから当たり前だろ?」とばかりに、
自然に当たり前の様に手を差し伸べていくんです。

前述で、「不寛容の時代に…」という言葉を挙げましたが、
私も随分窮屈な時代だなーと感じる時があります。
昔よりずっと便利になった筈なのに、どこか余裕がないというか。
この映画の登場人物達の様に、押し付けがましくなく、
当たり前の様に人としての善意をちゃんと持っていたいな。
そんな風に思いました。

そうそう、日本絡みのこんなシーンも出てきますよ。

D4081fe92fb5461195bf45d1d0a67254

どこか、とぼけてるんですよねー。

最後は、観ていた時は正直
「え、これで終わりなの⁈」と思ったのですが、
後からじわじわくる映画でした。
観終わった時よりも、その後カフェで映画のチラシを眺めていた時、
そしてその後、映画のサイトを観ていた時…という風に。
今も余韻が残っています。

この監督、他の作品も観てみようと思います。

2018年1月 8日 (月)

久し振りに動きます

お久し振りです。

表立った活動もブログも
ご無沙汰していたKioraですが、
2018年、久し振りに動きます!!

3月13日(火)、ennというライブハウスで、
1年半振りにライブをします。

時間等の詳細が決まったら、
このブログでもお知らせします。

ちょこちょこスタジオ入りはしていましたが、
表立った活動は本当に久し振り。
楽しみながら、尚且つ真剣に、
ライブの準備をしていきたいと思います。

2018年、沢山の笑顔が溢れる1年であります様に。

Ad97df2a0f6945fd855de52d6a506446

9e26b81a8c824fec925eca883b3f1115


2016年9月 8日 (木)

今年も出ます

すっかり、こちらのブログを放置してしまっていましたが…。

Kiora、今年もジャズフェスに出演します♪

<日時>9月11日(日)11:00〜11:40

<場所>ステージNo.35『クリスロード1』
(クリスロードアーケード内 常陽銀行前)

今年は久し振りに日曜日の出演。
昨年と同じ時間&場所です。
よろしくお願いします☆

2015年9月14日 (月)

9月12日(土) ジャズフェス

先週末のジャズフェス。
好天にも恵まれ、観客の方々にも盛り上げていただき、
気持ち良く演る事が出来ました。
観に来てくれた方々、来られなかったけど応援してくれた方々、
本当にありがとうございました‼︎

セットリストです↓
1.(I want to sing) a real song
2.I'm looking for myself
3.あたしのロック・スター
4.400円のロック(シーナ&ロケッツのカヴァー)
5.あの娘(コ)の笑顔
6.New morning

例年ジャズフェスの時は、
いつも聴き易さを意識して選曲していたのですが、
今回は自分達のルーツの、ロック色が強い選曲で演りました。
そしたら意外‼︎
こっちの方が評判が良くて。
何かに合わせてやるよりも、
自分達のやりたい事をやった方がいいのかなと思いました。

後日、前みたいに動画をアップ出来たらと思います。
(出来るかな?!)

こちらのFacebookページにも色々書きましたので、
良かったらご覧下さいね↓

https://www.facebook.com/mihoko.sugawara.790

ジャズフェスの醍醐味は、
久しく会っていない人達との再会がある事。
今回も沢山の懐かしい顔に会えて、
沢山パワーをもらいました!!
そして、見知らぬ方々や警備員さんなどにも声を掛けていただき、
すごく嬉しかったです。

関わって下さった全ての方々、
本当にありがとうございました!!


Image_5

Image_6


2015年7月21日 (火)

ジャズフェスに出演します

2月のライブから時が経ち、気付けばもう7月。
毎度ながら、ご無沙汰していました。
その間Kioraは何をしていたかというと、
スタジオ入りし、ゆっくり曲作り等をしていましたよ(^_^)

そしてタイトル通り、今年のジャズフェス出演が決定しました‼︎

Kioraは、9月12日11:00〜11:40
クリスロード1というステージで演奏します。
(中央通りアーケードの中の、常陽銀行前)

そのステージのトップバッターで、早い時間ではありますが、
秋空の下での音楽を楽しみに、是非いらして下さい♪

Image_7


«2月13日(金)ライブ@enn 3rd

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ