2016年9月 8日 (木)

今年も出ます

すっかり、こちらのブログを放置してしまっていましたが…。

Kiora、今年もジャズフェスに出演します♪

<日時>9月11日(日)11:00〜11:40

<場所>ステージNo.35『クリスロード1』
(クリスロードアーケード内 常陽銀行前)

今年は久し振りに日曜日の出演。
昨年と同じ時間&場所です。
よろしくお願いします☆

2015年9月14日 (月)

9月12日(土) ジャズフェス

先週末のジャズフェス。
好天にも恵まれ、観客の方々にも盛り上げていただき、
気持ち良く演る事が出来ました。
観に来てくれた方々、来られなかったけど応援してくれた方々、
本当にありがとうございました‼︎

セットリストです↓
1.(I want to sing) a real song
2.I'm looking for myself
3.あたしのロック・スター
4.400円のロック(シーナ&ロケッツのカヴァー)
5.あの娘(コ)の笑顔
6.New morning

例年ジャズフェスの時は、
いつも聴き易さを意識して選曲していたのですが、
今回は自分達のルーツの、ロック色が強い選曲で演りました。
そしたら意外‼︎
こっちの方が評判が良くて。
何かに合わせてやるよりも、
自分達のやりたい事をやった方がいいのかなと思いました。

後日、前みたいに動画をアップ出来たらと思います。
(出来るかな?!)

こちらのFacebookページにも色々書きましたので、
良かったらご覧下さいね↓

https://www.facebook.com/mihoko.sugawara.790

ジャズフェスの醍醐味は、
久しく会っていない人達との再会がある事。
今回も沢山の懐かしい顔に会えて、
沢山パワーをもらいました!!
そして、見知らぬ方々や警備員さんなどにも声を掛けていただき、
すごく嬉しかったです。

関わって下さった全ての方々、
本当にありがとうございました!!


Image_5

Image_6


2015年7月21日 (火)

ジャズフェスに出演します

2月のライブから時が経ち、気付けばもう7月。
毎度ながら、ご無沙汰していました。
その間Kioraは何をしていたかというと、
スタジオ入りし、ゆっくり曲作り等をしていましたよ(^_^)

そしてタイトル通り、今年のジャズフェス出演が決定しました‼︎

Kioraは、9月12日11:00〜11:40
クリスロード1というステージで演奏します。
(中央通りアーケードの中の、常陽銀行前)

そのステージのトップバッターで、早い時間ではありますが、
秋空の下での音楽を楽しみに、是非いらして下さい♪

Image_7


2015年2月14日 (土)

2月13日(金)ライブ@enn 3rd

昨日のenn3rdでのライブ。
寒い中お越しいただいた方々、ありがとうございました‼︎
そして、昨日は残念ながら来られなかった方々も、
温かいメールをありがとうございます。

本当に久し振りのライブ。
ライブハウスでのライブは、
Kiora名義では一体何年振りだ…という位久し振りで。

せっかくのライブハウスでのライブなので、
今回は思いっ切り自分達のカラーを出したいなと思い、
聴きやすさという事は考えずに、
自分達が今やりたい事をやりました。
でもその結果、観て下さった方々から
沢山の嬉しい感想をいただき、
本当にやって良かったな…と思いました。

客席から見える観客の方々が、
それぞれすごくいい顔をしていて、自然と、
(みんな幸せであります様に‼︎)と思いながら
演奏していました。

演奏しながら、こんな気持ちになったのは初めてで、
また何か一つ前に進めたのかな…と、ちょっと嬉しくなりました。

では、昨日のセットリストです↓
1.bailaora〜バイラオーラ〜
2.Your Song
3.小さな願い
4.海辺の町
5.あの娘(コ)の笑顔

3曲目の『小さな願い』では、
久し振りにピアノも弾いてみましたが、
すごく楽しかったです‼︎
ミュージシャンになったみたいで(笑)
これからも、少しずつピアノを入れた曲を
増やしていけたらなと思います。

なかなか頻繁にはライブをする事は出来ませんが、
またライブをする事になったら、是非お越し下さいね‼︎

しばらくは、また曲作りに励みたいと思います‼︎
それではまた(^_^)

Image_2

Image_3


Image_4


2015年2月10日 (火)

2月13日(金)のライブ詳細

いよいよ、今週金曜日に迫ってきた、
Kiora久し振りのライブ。

遅くなりましたが、詳細のお知らせです。

【アンプラグドナイト vol.143】
・2月13日(金)
・LIVE HOUSE enn3rd
・開場18:15/開演18:30
・前売 ¥1,000/当日¥1,500
(ドリンク別¥500)

www3.ocn.ne.jp/~enn/

Kioraは8組中5番目、20:30~20:55です♪

久し振りのライブ、どうなるのか自分達でも楽しみです‼︎
1年5ヶ月振りのライブ、是非お越し下さい。


Image_4


2015年1月18日 (日)

満月の夕(ゆうべ)

昨日は、阪神・淡路大震災から20年。
テレビでは色々な関連番組を放送していたけど、
その中で私が観たのは、
『〝満月の夕〟震災が紡いだ歌の20年
神戸から東北へ』
という番組でした。

『満月の夕』は、SOUL FLOWER UNIONの中川敬さんと、
HEATWAVEの山口洋さんが、
阪神・淡路大震災の時に共作した曲。
この番組は、その曲にまつわるミュージシャンや、
神戸や東北の人達の、様々な想いを描いていました。

私は満月の夕をライブで聴くと、
いつも心にグッときて、
毎回泣きそうになっていました。
でも東日本大震災以降、
この曲の詞が私の中でリアリティを持ち、
自分の故郷やその近辺の風景が浮かんできて、
自分の気持ちを代弁してくれている様に感じていました。

どうしても、この曲を自分達でも演奏したくなって、
東日本大震災後の初めてのジャズフェスで、
Kioraもカバーさせてもらいました。

その後、山口洋さんとお話する機会があって、
事後承諾だったけど、
「満月の夕をカバーさせてもらっています。」と話したら、
「いいよ。」と許可をいただきました。
なので、これからも自分達の曲と同様、
この曲も大切にしていきたいと思います。

番組では、感情に蓋をするとか、
感情を殺していたとかいう表現を
被災者の方々がしていて、
この曲を聴いた途端に、
一気に色んなものが吹き出してきたという方もいました。

中川さんや山口さん達が、
それぞれ被災地や避難所で行ったライブの様子もあり、
泣いている人もいたけど笑っている人もいて、
皆それぞれに自分の感情を解き放っているかの様でした。

自分も辛い経験をしたのに、
人の為に奔走し続けてきた方が、
「満月の夕」について話し始めた時、
見る見るうちに色んな感情が溢れてきて、
素の顔になってきたのが印象的でした。

この番組を観て、
すごくありきたりな言い方だとは思うけど、
音楽の力はもの凄いと、改めて感じました。


2015年1月 7日 (水)

新年の挨拶とライブのお知らせ

明けましておめでとうございます。

昨年、なかなか活動出来なかったKioraでしたが、
色々と気に掛けてくれた方々、ありがとうございます。

コンスタントにスタジオ入りも出来る様になり、
そしていよいよ、久しぶりのライブも決まりました‼︎

来月2月13日(金)の夜、場所はenn3rdです。
時間等の詳細は、決まり次第お知らせします。

考えたら、仙台ではライブハウスでのライブ、
Kiora名義では初めてなんですよねー。
自分達でもどうなるのか、すごく楽しみです。

2015年、沢山の笑顔が咲く一年となります様に。
今年も宜しくお願いします。

2014年7月21日 (月)

感謝

前回の更新から、約一ヶ月。
その間、色々な方々から、温かくてありがたい言葉をいただきました。
このブログやFacebookのコメント欄で、
そしてメールや、直接会って…。

本当に嬉しくて、ありがたくて、
1人1人「大好きだーsign03」って、抱きしめたくなりましたよー‼︎
(↑それはただのアブナイ人sweat02)

幸いKioraは、先月からまたコンスタントにスタジオ入り出来る様になって。
ここ2年近く、曲作りをしてこなかったのですが、
一気に3曲程、曲のベースが出来ました。
この中から、最終的に曲になるのはどれ位なのか分からないけど、
なんだかいい感じですconfident

曲は、相方のトールくんがポンポン作ってくれるけど、
問題は私の詞だなー(いつも遅い)。
ガ、ガンバリマス。

そして昨日、友達のバンドのカッコいいライブを観て、
ますます音楽をやりたい気持ちに火が点いてshine
みんな本当に楽しそうにやっていて、
観ているこっちも楽しかったです。

友達のバンドも他のバンドも、
自分達の世界をしっかり持っているバンドで。
そしてみんな、人間的にも魅力的な人達なんですよねー。
やっぱり音楽には、人間性やその人の生き様とかも出るのかなって。
そんな事を感じた夜でした。

色んな刺激を受け、色んな人達の温かさに触れて、
kioraはまた自分達らしく活動していきたいと思います。

2014年6月22日 (日)

報告

毎年の恒例行事となっていたジャズフェス、
Kioraは今年、参加出来ない事になりました。

残念ですが、一方ですごく納得し、
そして少しホッとしている自分がいます。
こんな時にホッとしているなんて変な話だけど、
そんな気持ちになったのは何故なのか、正直自分でも良く分かりません。

ただ、すごく納得というのは、自分達の状況を考えての事。
ここ2〜3年、Kioraのライブは年一回のジャズフェスのみ。
まだ一昨年や3年前は、自分達なりに全力で準備をして
気持ちを込めた演奏が出来たからいいものの、
去年はなかなかコンスタントに準備が出来ず、
付け焼き刃的なライブになってしまいました。
演奏していても、自分自身が全く楽しめなかったので、
そんなライブ、見せられた方はたまったもんじゃないですよね。

今年も4月から参加バンドの募集が始まり、
周りから「ジャズフェス応募した?」と聞かれる様になっても、
私は「ううん、まだ。」と答えるばかりで、
なかなか気持ちがそっちに向きませんでした。
そんな中途半端な気持ちで申し込んだもので、
通知が来た時はどこかで、(ああ、やっぱりな。)という気持ちでした。

勿論、すごく残念です。
でもこの気持ちは、今の自分にとても必要でした。
本当に音楽を愛しているのか?
本当にこの先も音楽を続けていきたいのか?
そういった自分の気持ちを見つめ直す、いい機会となりました。
どこかで音楽を利用し、胡坐をかいていた様な気がするからです。

今は再び東京時代の様に、自分達を地道に磨いていって、
ただただ純粋にいい音楽を作って、いい演奏をしていきたいという気持ちです。
自分達自身が思いっ切り楽しみながら。

そして最後に…。
恒例行事となっていたこのライブを楽しみにしてくれていた方々、
本当にごめんなさい!!
また新たな楽しい時間を、必ず作ります!!

2014年6月 3日 (火)

中村ハルコさん

お正月の更新以来となりました。
お久しぶりです。

このブログ、Kioraについてばかり書いていたけど、
元々自分達が興味がある事も色々紹介していきたいなと思っていたので、
今日はその話題で。

昨日、「中村ハルコ写真展 光の音-pure and simple」を観に、
SENDAI KOFFEEというカフェに行って来ました。

11_2

私がハルコさんと初めて会ったのは、大学生の時。
ゼミの教授が授業に連れて来て、「僕の友人で、写真家の中村ハルコさん」
と紹介されたのがきっかけでした。
それから、当時開催していたハルコさんの写真展を観て、感想を書くという宿題を出され、
ハルコさんの写真展に行きました。

確か、アフリカだったか何処かの子供達の写真を撮ったものだったと思うけど…。
一目見て、ガッと心を持っていかれたというよりは、
観ているうちに、ジワジワと心に沁み渡ってきたというか…
そんな感じだったのを覚えています。
そして、この子供達がこんなにいい顔をカメラに向けるなんて、
ハルコさんてどんな人なんだろうと思いました。

その後、ハルコさんは教授と結婚する事になり…。
当時は、あのキレイなハルコさんが、なぜ教授と⁈と言っていたものでした。
(先生、ゴメンナサイsweat01)
結婚式でのウェディングドレス姿のハルコさんは更に美しく、
みんなウットリして見守っていました。
でも私がハルコさんに会ったのは、それが最後となってしまいました。

月日が経ち、その後聞いたハルコさんについての話は、
2005年にガンの為に43歳の若さで亡くなったという、信じられない話でした。

でも不思議な事に、その後の方が、ハルコさん関連の事を目にする様になり、
私はまたハルコさんの写真展に足を運ぶ様になりました。

私は常にハルコさんの事が頭にある訳ではなく、
新聞や雑誌でマメに情報をチェックしている訳でもありません。
それなのに、ハルコさんのイベントがある時、
たまたま何かの形でそれを知る事が多くなりました。
今回の写真展も、その一つです。

今回は『光の音』という、イタリア・トスカーナ地方の人々や風景を撮影した作品の中から、
いくつかの写真が飾られていました。
瑞々しい色彩、豊かな風景や人々の表情…。
初めてハルコさんの作品を観た時と同様、
あったかくて、そしてなんだか泣けてきました。
それは決して、ハルコさんが亡くなってしまったからという訳ではなく。
奇麗事だけではない、何か生命力みたいなものが、そこにはありました。

幸いな事に、ハルコさんに惹かれ、ハルコさんの事を伝えていこうとしている人達が沢山いて。
↓こちらも、その一つの様です。
http://formarelaluce.jp

あのアラーキーにも絶賛され、ハナレグミ等、数々のミュージシャンにも影響を与えた
中村ハルコさん。
興味を持った方は、是非見てみて下さいね。

そして、ハルコさんの夫であり、シェイクスピア・カンパニーという劇団の主宰者である
下館和巳先生も、一度会ったらなかなか忘れられない方です。

以前、写真家の平間至さん(私の好きなブランキーを始め、数々のミュージシャンを撮っている方。
タワーレコードの「No Music,No Life」の写真を撮っている方といえば、分かる人も多いかも⁈)
とのトークショーの際、下館先生は平間さんに、
「少し僕にも喋らせて下さい!!」って言われてました(笑)

トークショーの後、先生と平間さんがいる廊下に行ったら、
「僕、全然変わってないでしょう!!」
と言われましたが…。
本当に笑っちゃう位変わっていませんでした!!
好奇心旺盛で、いつも何かを作り出している人って、
いつまでも変わらず若いんだなあと、しみじみ実感!!

…自分が好きな事について語ると、どうしても長くなってしまいますねsweat02
でもこうやって、自分達の好きな事や興味のある事を紹介していければと思います。

それではまた。


21


«新年のご挨拶

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ